BLOGブログ
BLOG

車の鍵が電池切れになった時の対処法や電池交換の仕方は?

2020/09/05
最近では、車の鍵はスマートキーが主流になってきています。スマートキーはとても便利な鍵ですが、電池が切れてしまうと使い物になりません。
そこで今回は、万が一外出先で車の鍵が電池切れになってしまった場合の対処法や、電池交換の仕方をご紹介します。

▼車の鍵の電池が切れてしまった時の対処法
まずは、スマートキーに内蔵されているメカニカルキーを使って車の鍵を開けましょう。鍵穴の場所や開け方は車種によって異なるため、事前に把握しておくことが大切です。
鍵を開けたら次はエンジンをかけましょう。エンジンのかけ方は、シフトがPの状態でブレーキを踏み、エンジンスイッチに触れます。すると、ブザー音が鳴りインジケーターが点滅するので、エンジンスイッチを押します。
一般的にはこれで対処できますが、例外もあるので事前に自分の車種の操作方法を確認しておきましょう。

▼スマートキーの電池交換の仕方
スマートキーはボタン電池が使われており、電圧や大きさはそれぞれ異なります。また電池交換には、スマートキーを分解するための小さなドライバーも必要です。
必要な道具を準備したら、後は手順に沿って電池交換するだけです。必ず正しい電池に替えるようにしてください。
いつ電池が切れてもいいように、交換用の電池とドライバーを車に常備しておくのがおすすめです。

▼まとめ
今回は、車の電池が切れてしまった時の対処法をご紹介しました。電池が切れても落ち着いて行動できるように、事前に対処法を把握しておきましょう。
RELATED関連記事